第1条 名称
この会は、「徳島ドローン協会」と称する。
(英語表記:Tokushima Drone Association 略称:TDA)

第2条 目的
この会は、ドローンの利活用、安全運用を通じて、社会貢献、徳島県の企業及び事業所の健全な発展を目指す。

第3条 事業及び活動
この会は、前条の目的を達成するために次の事業及び活動を行う。

  1. ドローン利活用の研究・情報共有
  2. ドローン利活用の社会貢献活動
  3. ドローン利活用の相談・窓口事業

第4条 会員
この会は、第2条の目的に賛同する次に掲げる企業会員をもって構成する。

第5条 会員資格
企業会員の資格は以下のすべての条件を満たさなければならない。

  1. ドローン利活用に関わるサービスを提供する企業であること。
  2. 徳島県内に本社もしくは営業所がある企業であること。
  3. ドローン保有企業は、各種損害保険加入済であること。
  4. 主なコミュニケーションをFaceBookグループで行うため、コミュニケーション能力に長けた担当者1名を充てること。

第6条 入会
企業会員の2社以上の推薦を受け、会長の許可を必要とする。

第7条 役員

  1. この会に次の役員を置く。
    1. 会長 1名
    2. 副会長 若干名
    3. 事務局長 1名
  2. 役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  3. 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第8条 会議
この会の会議は、毎年1回の総会及び運営会議とする。

第9条 役員の選出

  1. 役員は会員の中から総会及び運営会議において協議し選任する。
  2. 正副会長は総会及び運営会議において互選する。
  3. 事務局長は、会長が指名する。

※発足時を除く

第10条役員の責務

  1. 会長は、この会を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。
  3. 会員は、会長、副会長とともにこの会の運営に当たる。
  4. 事務局長は、この会の事務、会計を総括する。

第11条 顧問

  1. この会に顧問を置くことができる。
  2. 顧問は、運営会議で選任し会長が委嘱する。

第12条 議事
総会及び運営会議の議事は出席者の過半数をもって決定し、可否同数のときは会長の決するところによる。

第13条 ワーキング・グループ

  1. この会の活動を円滑に推進するために、運営会議(FBグループ)の議を経て、ワーキング・グループを設けることができる。
  2. ワーキング・グループは、グループ長が責任を持って運営にあたること。
  3. グループ長は、活動の内容を運営会議(FBグループ)にて適宜報告すること。

第14条 経費
この会の経費は、入会金、会費、補助金、寄付金、広告費等でまかなうものとする。

第15条 会費
この会の会費は次のとおりとする。
入会金 30,000円/年額 20,000円

第16条 会計年度
この会の会計年度は、毎年8月1日から翌年7月31日までとする。

第17条 決算報告
役員は、毎会計年度終了後2ヶ月以内に収支決算書を作成しなければならない。

第18条 事務局
この会の事務を処理するため、事務局を徳島県内に置く。

第19条 情報管理

  1. 協会で得た情報は、(すでに公となっている情報以外) 他社や外部へ公開は不可とする。
  2. 情報提供者の許可を得たものはこの限りではない。

第20条 会則
この会則に定めるもののほか必要な事項は、運営会議(FBグループ)に諮り会長が別に定める。

附則
この会則は、平成27年8月1日より施行する。